物理療法

たかが物理療法?
いえいえ、されど物理療法です!

あなたは整骨院で行う電気療法に対してどのようなイメージをお持ちですか?
「ビリビリ感が気持ちいい」「あんまり得意じゃない」「効いてるような気がする」などでしょうか?

でも正しい機器・モード選択で適した箇所に電気をかけると、あなたが思っている以上に本当にすごい効果を生み出します。

当院では、豊富な種類の物理療法機器を取り揃え多くの症状に対応致します。(疼痛軽減、血行改善、自然治癒力促進、筋緊張緩和、骨折部位の骨癒合促進、自律神経調整など)
ただ機械の種類が多いだけではありません。施術者が患者様の症状にあったものを的確に選択し、その効果を最大限引き出します。

物理療法を受ける方によくある症状

  • 腰が痛くて
    仕事ができない

  • 脚のしびれが
    ひどくて
    歩けない

  • 膝を捻って
    腫れがひどい

  • 全身の筋肉が
    緊張で凝り
    固まっている

物理療法は早期回復に必要不可欠!

物理療法とは、物理的エネルギー(当院では、電気、温熱、衝撃波)によって、手技だけでは困難な症状にもアプローチしていく施術方法です。

 

・捻挫をした直後で、腫れ、熱感、痛みが強くマッサージができない。
・腰痛が、身体の深い部分にある筋肉が原因で引き起こされている。
・筋肉が緊張によって固まっていて、血行が悪い
・慢性的な肩の痛みで、まっすぐ挙がらない時期が長く続いている。など


このような症状の方に物理療法で施した後、手技療法やストレッチを行うと施術効果は抜群に上がることが期待できます。
あくまで手技療法の補助的な役割ですが、早期回復・早期改善をご希望の場合はぜひおすすめです。

 

【超音波機器/超音波骨折機器ウルトラソン ULTRASON RE-3000】

超音波による1秒間に数百万の微細な振動を生体に与え、温熱効果マイクロマッサージ効果を生み出します。

これらは痛みの軽減血行促進傷ついた組織の修復を目的としています。
モードによって、身体の浅い部分・深い部分を選択できたり、温熱・非温熱を使い分けることができるので、捻挫・ぎっくり腰などの急性期から、肩こりなどの慢性期まで幅広い症状に効果が期待できます。

 

 

ウルトラソンには、超音波骨折機器モードも備わっています。
骨折部位に低出力の超音波をあてることにより、骨癒合(骨がくっつく)が促進されることが明らかになっています。

 

HVMCデルタと接続することにより、超音波機器と電気療法(ハイボルテージ/微弱電流)を同時に行うことができます。
2つの施術をコンビネーションで行うことにより、施術時間を短くし、さらに効果を高めることが可能となります。

 

【ハイボルテージ/微弱電流機器HVMCデルタ】

HVMCデルタは、ひとつの機械でハイボルテージ(高電圧電気刺激)療法マイクロカレント(微弱電流)療法が可能な機器です。

 

①ハイボルテージ(高電圧電気刺激):高い鎮痛効果

高電圧電流による電流刺激を、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達させ、直接患部の炎症の抑制痛みの軽減治癒力の促進をはかる施術です。

高電圧といっても、皮膚抵抗が低いのでピリピリ感を感じることが少なく、電気が苦手な方も安心して受けられます。
むしろ電圧を高くすることで、皮膚刺激を抑えて深部へのアプローチができます。
ハイボルテージの一番の特長は、鎮痛効果です。

急性期の腫脹・浮腫・疼痛の緩和にも使用されます。
従来の電気施療法に比べ、身体の奥深い患部へ直接アプローチができ、より短期間での痛みと炎症を抑えることが期待できます。
このハイボルテージ療法は、欧米で広く使用されていましたが、その即効性の効果から日本でもプロスポーツ選手やオリンピック選手にも使用されるなど注目されている施術です。

 

②マイクロカレント(微弱電流)

・MC施療モード:早期からの治癒促進に

生体内に微弱な電流を通電させることで、組織損傷の治癒促進や、細胞レベルでの代謝活性を促します。
神経や筋肉を興奮させないため、受傷直後の炎症の抑制や、運動後の筋肉痛の軽減などに効果が期待できます。
電気特有のピリピリ感をほぼ感じないので、刺激が苦手な方や、お子様にも安心して使用することができます。


・MCCモード(全身調整微弱療法):全身コンディショニングに

上下肢4点から微弱電流を流すことで、ホメオスタシス(生体恒常性=ヒトのもつ調整力)を整え、全身の細胞の活性を促す新しい施術法です。
自律神経調整や疲労軽減の効果が期待できます。

 

【ネオテクトロン ONE-P6】

鎮痛効果筋緊張緩和神経症状の緩和リラックス効果筋機能促通効果などさまざまな効果をモードによって選択できる機器です。


低周波から高周波の電気を体内にランダムに通電させることで効果が長時間持続し、急性、慢性の痛みに効果を発揮します。
また一定のリズムの中に、瞬間的な電圧上昇を加えて筋肉に叩くような刺激を与えることも可能です(ハンマー設定)。

これにより、リラクゼーション筋力強化筋委縮改善筋ポンプ作用を促します。

 

【拡散衝撃波機器インテレクト RPWモバイル】

世界で新しい施術方法として活用されている拡散型衝撃波(ショックウェーブ)療法。筋・腱へのアプローチ、循環機能の改善で有効性が数多く報告されています。


音波の一種である衝撃波を体内の組織に伝達することで、鎮痛組織修復筋緊張緩和トリガーポイントアプローチが期待できます。

医療分野においては、1980年代後半に腎臓の結石破砕術で初めて用いられました。その後、その技術を応用して低エネルギーの衝撃波をさまざまな整形外科領域の様々な疾患に応用するようになりました。ヨーロッパを中心に普及し、低侵襲な施術法として、スポーツ選手にもよく用いられてます。

拡散衝撃波についての詳細はコチラ

 

【温熱機器乾式ホットパック装置 ホットリズミー MHR-f】

ホットリズミーは、【温熱×リズム】を掛け合わせた今までにない進化した温熱療法機器です。

温熱療法の特徴は、温熱が皮膚内の血管を広げることです。
すると血流が増し、皮膚・皮下組織、さらに深い筋肉へと温熱が伝わります。
つまり各組織への栄養分・免疫組織・酸素などの補給が促進され、筋緊張緩和、疲労軽減、免疫力UPなどの効果が期待できます。

 

また加温された組織への新陳代謝や循環を促すことにより、筋緊張緩和、痛みに対しては知覚過敏・知覚異常の緩和・疼痛緩和等の効果も期待できます。

 

ホットリズミーは、これまでの単調な温熱療法にプラスして、パック内に小型モータを内蔵したリズミーパック」で温熱にリズムを加えることにより、ホットパック療法に快い感覚をプラスしました。
温熱療法に温熱リズムをつたえる機能を搭載した、確かな安全性を誇る人に優しい快適な温熱機器です。

 

▼ご予約はこちら▼

よくある質問 FAQ

  • 物理療法は痛いですか?
    痛みを感じるものは少ないです。患者様の様子をお伺いしながら強度を調整しますのでご安心ください。
    拡散衝撃波機器はやや痛みを伴う症状・部位もございますが、反面、施術の効果は非常に高いです。
  • 物理療法は誰でも受けられますか?
    禁忌(使用禁止項目)はございます。事前に確認させていただきます。
    一例としては、ペースメーカーを使用している方、悪性腫瘍のある方、妊娠している方などです。
  • 物理療法は保険適用の範囲内ですか?
    施術部位数や使用する機器によっては自費メニューの施術になります。詳細はお問い合わせください。

著者 Writer

著者画像
院長
(つばきはら まさよし)
椿原 政美
生年月日:1983年(昭和58年)7月22日生 
血液型:A型 
出身:古河市
趣味:キャンプ
得意な施術:筋膜リリース
資格:柔道整復師(国家資格)、
認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA)、
公認インストラクター
(一般社団法人日本スポーツ障害予防協会) 
キネシオテーピング認定トレーナー
(一般社団法人キネシオテーピング協会)

◆患者様へ◆
地域の皆様の健康に尽力いたします!
 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ツバキ整骨院
住所〒306-0013 茨城県古河市東本町2-5-17
最寄:古河駅から徒歩10分
駐車場:あり(5台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
14:30〜
19:00
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中