リハビリ

リハビリでケガを繰り返さない身体に

ケガを繰り返してしまう、なかなか症状が治らないといった方は、もしかしたら身体が完全に回復していない場合があります。 当院の「リハビリ」ではケガの早期回復だけでなく、その後の運動機能の回復を目指し、安心して日常生活に戻れるようサポートしていきます。

リハビリを受ける方によくある症状

  • ケガを繰り返し
    てしまう

  • 膝の痛みが
    続いている

  • ケガが
    治ったのに
    動かしづらさ
    がある

  • 身体の不調が
    続いている

リハビリの目的と行う施術について

 

ケガをしてしまうと、そのケガをかばうことで身体のバランスが崩れたり、筋力や体力が低下してしまうことがあります。

この低下した筋力や体力をケガをする前の状態へ戻す際に重要となる施術が「リハビリ」です。

一般的にリハビリと聞くと病院で受けられるもの、というイメージがあるかもしれませんが、整骨院・接骨院でもリハビリを受けることができます。

 

【リハビリの内容】

施術としておこなわれるリハビリには、次のようなものがあります。

 

●リハビリストレッチ

硬くなってしまった筋肉に対して、適切な負荷や時間をかけて施術をおこない、身体の柔軟性向上を目指していきます。

 

●リハビリトレーニング

リハビリトレーニングは、ケガによって低下した筋力や体力を動作練習、筋力強化練習を取り入れながら、状態を改善していきます。

 

●関節可動域の運動

捻挫や四十肩などの関節のケガをすると、各関節の可動域が低下することがあります。
この関節可動域を広げていくことを目的としておこなわれるリハビリが、関節可動域の運動です。
自分で関節を動かしたり、施術者が動きをサポートしながら動かしたりします。

 

●運動療法

運動療法とは、身体の全体または一部を動かすことで症状の軽減や機能回復を目指す療法のことです。
運動療法をおこなうことで、低下した筋力や体力の改善ケガの再発を予防することができます。

また、ウォーキングやランニングなどの運動や、低下している筋肉をピンポイントで強化するトレーニングなど、患者様の状態に合わせて適切な運動療法をおこないます。

 

【リハビリの目的】

リハビリには、主に次に挙げるような目的があります。

 

●ケガの早期回復

ケガをした後に改善するまで安静にしておくことも大切ですが、安静にするだけでは筋力や体力がどんどん低下してしまいます。
そのため、早期にリハビリをおこなうことで、ケガの復帰を早め、日常生活や競技にスムーズに戻りやすくします。

 

●筋力のアンバランスの改善

ケガをするとケガした部位を上手く使用することができなくなるため、筋力のアンバランスが生じる場合があります。

例えば、右足を捻挫してしまったときは、痛みや安静のために体重をかけることができなくなるケースがあります
そのため、片方の足を使わなくなると左右の足の筋力にアンバランスが生じてしまいます。

リハビリではケガによって低下した筋力を強化する方法もあるため、左右の筋力差を調整して、アンバランスの改善を目指すこともあります。

 

●身体を正常な状態に戻す

ケガをすると痛みが生じるため、この痛みに対してアプローチすることもリハビリの目的のひとつです。
しかし、痛みを解消するリハビリだけでは根本的な解決にはなりません。

身体の状態が崩れていれば、再度同じようなケガや痛みを発症してしまう可能性があります。
リハビリではなぜケガをしてしまうのか、身体の不調の原因を見抜き、身体を正常な状態へと導いていくことを目的としています。

 

リハビリで改善が期待できる症状や効果について

リハビリは、患者様がどのようにケガをしたのか、お身体やケガの状態に合わせて適切な施術をおこなうことが重要です。

ここでは、ケガの回復だけでなく、その先の機能改善を目指した「リハビリ」の詳しい効果についてご紹介しています。

 

【リハビリによる効果】

●関節可動域の向上

ケガをした後は代償動作といって、自然とケガをした部位に負担がかからないような異常な動作をおこないやすくなります。
この異常な動作がケガが改善した後も持続してしまうと、正常な動作ができなくなり、可動域に制限が生じるケースがあります。

リハビリでは筋肉の柔軟性を改善させるとともに、正常な動きの再獲得を促すため、関節可動域の向上に効果が期待できます。

 

●痛みの緩和

肩こりや腰痛といった慢性的な痛みからケガの急性的な痛みに対して、リハビリをおこなうことで痛みの緩和を促します。
リハビリでは徒手による施術や道具を使った施術によって、痛みの緩和を目指していきます。

 

●筋力向上

施術者の手で負荷をかけたり、重りやゴムチューブなどを使用することで低下している筋肉を強化します。
また、筋力低下によって姿勢の崩れている場合には、姿勢を改善するために筋力向上のリハビリをおこないます。

 

●ケガからの回復

ケガをすると負傷部位周辺の筋力低下や可動域制限が生じます。
安静にしているだけでも、人間の治癒力によってケガは回復していきますが、筋肉が硬いままだったり、関節の動きが悪くなっていることがあります。

このようにケガによる後遺症を残した状態だと、ケガを再発したり、他の部位に負荷がかかって別の場所をケガしたりする可能性があるでしょう。
リハビリをおこなうことで、ケガによる後遺症のリスクを減らして、回復を促していきます。

 

ツバキ整骨院【リハビリ】アプローチ方法

ケガをした後、痛みをとるのみでは、「治った」とは言えません。

固定による関節の硬さ安静期間後の筋力低下ケガをした時の体の状態(体幹が弱い左右の筋力差・筋緊張)など、患者様の本来のあるべき正常な姿に戻してこそ「根本的な改善」と言えます。
特にスポーツ活動中のケガは、リハビリをしっかりやらないと再発のリスクがあがります。
骨折や脱臼後のリハビリも非常に重要で、固定除去後の関節運動はその後の活動範囲を大きく左右します。

リハビリでは、関節可動域訓練やペアストレッチ、徒手による負荷筋力トレーニングなどを使ってカラダのアンバランスを整えていきます。
物理療法も併用し、リハビリの効果を高めていくやり方もございます。
またスポーツ種目特有のフォームなどは、しっかり修正を行うことで再発予防にもつながります。

自宅でできるセルフケアもしっかり指導させていただきますので、リハビリ期間中は一緒に頑張りましょう!

 

▼ご予約はこちら▼

よくある質問 FAQ

  • どのような症状が改善できますか?
    ・痛みは取れたが、関節の動きがよくない
    ・固定を外しても関節が固まっている
    ・安静にしていたら筋力が落ちた
    ・ケガをした理由が筋力のアンバランスにある
    ・ケガをしたのはフォームが原因
    などの改善が期待できます。

    患者様のお悩み・症状によって施術を組み立てますので、お気軽にご相談ください。
  • 痛みを伴うことはありますか?
    骨折・脱臼や捻挫の固定除去後は、かなり関節が硬くなっています。

    多少の痛みは伴いますが、無理のない範囲でおこなっていきます。

    また継続することで痛みも出にくくなり、可動範囲も広がっていきます。
  • どれぐらいの頻度で通ったほうがいいですか?
    症状の程度や施術の進み具合によりますが、週3回以上受けていただくことをおすすめ致します。

    初回のリハビリだけでかなり良くなる場合もあります。

    慢性的な痛みに対して週3回リハビリをおこなった場合、2週で効果が出てくることが多いようです。

    ただし、そのケガや症状の程度、患者様の生活状態にもよりますので、様子をみながらご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長
(つばきはら まさよし)
椿原 政美
生年月日:1983年(昭和58年)7月22日生 
血液型:A型 
出身:古河市
趣味:キャンプ
得意な施術:筋膜リリース
資格:柔道整復師(国家資格)、
認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA)、
公認インストラクター
(一般社団法人日本スポーツ障害予防協会) 
キネシオテーピング認定トレーナー
(一般社団法人キネシオテーピング協会)

◆患者様へ◆
地域の皆様の健康に尽力いたします!
 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ツバキ整骨院
住所〒306-0013 茨城県古河市東本町2-5-17
最寄:古河駅から徒歩10分
駐車場:あり(5台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
14:30〜
19:00
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中