腰痛でお悩みの方へ

  腰痛でよくあるお悩み

  • 慢性的な腰痛に
    悩まされて
    いる

  • 腰痛で
    仕事や家事など
    日常生活が
    つらい

  • 自分がなぜ腰痛
    になっている
    のか知りたい

  • 腰痛になった
    ときに痛みを
    解消する対処法
    を知りたい

腰痛の原因を知って、適切に対処しましょう

腰に痛みを感じる腰痛に悩まされている方は、数多くいらっしゃるかと思います。

 

腰痛が起きる原因は大きく2つに分類されており、

日常生活が原因となる腰痛病気が原因となる腰痛です。

 

女性に比べて、男性の発症率がやや高いですが、腰痛は誰にでも起こりうる可能性がある病気です。

 

今は腰痛がないという方も、将来腰痛になる可能性はあります。

 

ここでは、腰痛の原因や発症したときの対処法、予防法などについてご紹介します。

腰痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

腰痛はなぜ起きる?原因について詳しく解説

腰痛は日常生活の中で、繰り返し腰に負担がかかることで発症するケースがあります。
このような腰痛の場合は、原因となる動作や身体のくせを知り、対処することが重要です。
ここでは、まず日常生活が原因となっている腰痛についてご紹介します。

 

【日常生活が原因となる腰痛】

●不良姿勢

猫背や反り腰などの不良姿勢になると、腰痛を発症するリスクが高まります。
自然な姿勢であれば、身体に大きな負担をかけることなく活動できますが、不良姿勢になると腰部の筋肉や背骨の関節に負荷がかかり腰痛になりやすいです。

また、長時間の同一姿勢も、筋肉が緊張したままになるため、血行不良や疲れによる腰痛が発症しやすくなります。

 

 

●重労働(疲労)

腰を折り曲げて重い荷物を持ち上げる、身体を曲げたりひねったりする動作は、腰への負担がとても高いため腰痛になりやすい傾向があります。
特に介護士や配達業などの職業についている方は、腰への負担がかかる動作をする機会が多いため、注意が必要です。

 

●スポーツ(使い過ぎ)

スポーツで繰り返し行われる動作によって、腰を使いすぎてしまうと筋肉や関節が炎症をおこして腰に痛みが生じることがあります。

趣味で定期的に行う程度であれば、発症することは少ないですが、
プロスポーツ選手や中高生の部活動など毎日のようにスポーツを行うと、使い過ぎによる腰痛になる可能性があります。

 

●片方の足に負担をかけている立ち方

私たちは立っているときに両方の足に均等に体重をかけることで、左右のバランスをとっています。
そのため、片方の足に体重をかけるような立ち方は、本来の人間の姿勢からみると不自然な姿勢と言えます。
例えば、片方の足に体重をかけると、重心は体重をかけている方に動きます。
動いた重心に対して身体は、上半身を反対側に傾けてバランスをとりますが、このときに上半身と下半身の間にある腰に負担がかかってしまいます。
そのため、片方の足に体重をかける立ち方は、腰痛の原因となりやすいです。

 

【病気が原因となる腰痛】

腰痛は日常生活で腰に負担がかかる動作や姿勢をとることで、発症することが多いとお伝えしました。
しかし、日常生活によるもの以外に、病気によって腰痛が生じることがあります。
ここでは、病気が原因の腰痛についてご紹介します。

 

●ぎっくり腰

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」と呼ばれ、発症すると腰に激しい痛みを感じます。
重度のぎっくり腰になると身体を動かすこともままなりません。
ぎっくり腰が発症する明確な原因は未だわかっていませんが、床から重い荷物を持ち上げたり、予期しないタイミングで腰を捻ったり腰に急に負担がかかると、ぎっくり腰を発症することがあります。
また、運動負荷や不良姿勢の連続して腰への負担が続くとこともぎっくり腰の原因の1つになります。

 

●腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、腰部の背骨と背骨の間にある椎間板がはみ出した状態のことです。
はみ出した椎間板が背骨の中を走行する神経を刺激・圧迫することで、腰や下肢に痛みやしびれの症状を引き起こします。
特に長時間の不良姿勢や腰に負担のかかりやすい生活を送っている方が腰椎の病気になりやすいです。

 

●腰椎椎間関節症

腰椎にある椎間関節といわれる関節に過剰な負担がかかり、変形や炎症が起こって痛みを引き起こす病気です。
身体を後ろに反らす動きをすると椎間関節の負荷が高まり、痛みが悪化します。

 

●腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は神経が走行する背骨の中の通り道である脊柱管が、加齢や病気などによって狭くなり、神経が刺激される病気です。
神経が圧迫されると神経が刺激され、腰・下肢に痛みやしびれの症状を引き起こします。
狭窄が重度のケースでは、筋力低下感覚麻痺などの症状が現れることがあります。

 

●脊柱分離症/すべり症

背骨は部位によって名称がつけられており、前方部分を「椎体(ついたい) 」後方部分を「椎弓(ついきゅう)」といいます。
この椎体と椎弓の間の骨が骨折して、分離した状態「脊柱分離症」です。
成長期の若年層に発症しやすく、運動や長時間の同一姿勢で痛みが増強します。
「脊柱すべり症」は脊柱分離症に伴って発症することが多く、腰椎の骨が何らかの原因によって、ずれてしまう病気です。
脊柱すべり症になると腰や下肢に痛みやしびれなど、多くの症状を引き起こします。

腰痛になったときの対処法と事前に防ぐ予防法

腰痛は病気が原因となって発症する場合もあるため、きちんと症状改善することが大切です。
そのため、腰痛になったら早めに医療機関や整骨院・整体院などでみてもらうと良いでしょう。
日常生活による腰痛は原因を解消することで症状の改善を見込めるため、次にあげる対処法や予防法をぜひ取り入れてみてください。

 

【腰痛の対処法】

●体幹の強化

腰は背骨以外に支えとなる骨がないため、筋肉によって安定性が高められています。
腰部の安定性を高める体幹の筋力が乏しいと、不安定になり腰痛を引き起こす原因となります。
体幹筋は身体の前面にある腹筋群(腹横筋・腹斜筋など)と後面にある背筋群(脊柱起立筋・多裂筋など)をバランスよく強化しましょう。
ただし、痛みが強いときには逆に痛みを悪化させてしまう可能性があるため、注意してください。

 

 

●ストレッチ

腰の筋肉に負担がかかって、こり硬まっているときにはストレッチがおすすめです。
ゆっくりと、いた気持ちいい程度に腰の筋肉を伸ばし、筋肉の柔軟性を高めていきます。
腰痛と聞くと腰の筋肉だけに意識が向いてしまいますが、実は腹筋も関わっています。
腹筋が低下してしまうと、腰の筋肉が引き伸ばされて負担がかかり腰痛を引き起こしやすくなります。
そのため、ストレッチポールといったトレーニング器具を利用して、自重で腹筋のストレッチを行うと良いでしょう。

 

●立ち方の見直し

片方に体重をかける立ち方がくせになっていると、片側の腰部の筋肉に負担がかかってしまい、腰痛を引き起こしやすくなります。
そのため、立ち姿勢が崩れている方は一度立ち方を見直してみましょう。
理想的な立ち方は左右の足に均等に体重がかかっている状態です。
腹筋と背筋に軽く力を入れて、背筋を伸ばした姿勢を維持するように心がけましょう。

 

【腰痛の予防法】

●睡眠

腰痛は、未だ発症する原因が不明確な病気です。
一説では、腰の筋肉や関節に負荷がかかることで発症すると考えられていますが、ストレスといった精神面が影響して発症することもあると言われています。
特に睡眠不足や睡眠の質の低下すると、脳がしっかりと休息できず、ストレスを感じやすくなります。
その結果、痛覚刺激(熱さや冷たさ、痛みなど)に対してより敏感になり、腰痛が生じることが多いです。
睡眠が十分にとれていない方は、一般的な睡眠時間の目安となる7〜8時間を目標に睡眠時間を確保してみてください。

 

●こまめに姿勢を変える

長時間のデスクワークや立ち仕事による同一姿勢で、一箇所に負担がかかり続けると腰痛になるリスクが高まります。
そのため、こまめに姿勢を変えるように心がけましょう。
仕事や作業をするときには、事前に姿勢を変える時間を決めておき、時間になったら立ち上がったり、軽く歩いたりして身体を動かすことをおすすめします。
一度、姿勢を変えることによって、一箇所にかかる負担を軽減させられます。
できるかぎり腰にかかる負荷を分散させて、腰痛を予防しましょう。

ツバキ整骨院【腰痛】アプローチ法

腰痛の原因はさまざまです。
骨や神経に異変が見られるもの(腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、分離症、側湾症など)筋筋膜性腰痛股関節の可動域の低下不良姿勢筋力の低下などです。
もちろん、それぞれにあった施術がありますのでご安心ください。

 

①つらい症状を鎮める

まずはつらい症状に対して施術をしていきます。
急性期症状か慢性期症状かで施術の内容は変わってきますので、カウンセリングと検査によって明らかにしていきます。
患者様の症状にあわせて冷却または、温熱療法手技(ほぐし、筋膜リリースなど)物理療法(微弱電流、ハイボルト電気、超音波、拡散衝撃波など)を使い分けていきます。
症状によっては腹部からもアプローチしたり、施術後にテーピングやコルセットをご案内する場合もございます。
また、当院での業務範囲外(内科的な病態、例えば帯状疱疹や内臓の炎症によるものなど)の場合は専門医師をご紹介いたします。

 

②原因となっている不良姿勢を矯正する

腰痛が起こる根本的な原因は不良姿勢にあると、当院では考えています。
不良姿勢によって背骨のS字カーブがゆがみます。
それにより、反り腰や平腰(カーブがない状態)が習慣になり、腰痛になるリスクが上がります。
背部~腰~骨盤にアプローチし、正しいS字カーブになるように矯正していきます。

 

③正しい姿勢をキープする

骨格のゆがみがを整えたら、その姿勢を維持できるようにしていきます。
筋肉のこわばりがある部分はストレッチでほぐし、筋力が不足しているところはトレーニング電気的刺激によって鍛えていきます。
これを継続することで腰痛が起きにくくなり、再発予防が期待できます。

 

▼ご予約はこちら▼

著者 Writer

著者画像
院長
(つばきはら まさよし)
椿原 政美
生年月日:1983年(昭和58年)7月22日生 
血液型:A型 
出身:古河市
趣味:キャンプ
得意な施術:筋膜リリース
資格:柔道整復師(国家資格)、
認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA)、
公認インストラクター
(一般社団法人日本スポーツ障害予防協会) 
キネシオテーピング認定トレーナー
(一般社団法人キネシオテーピング協会)

◆患者様へ◆
地域の皆様の健康に尽力いたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:ツバキ整骨院
住所〒306-0013 茨城県古河市東本町2-5-17
最寄:古河駅から徒歩10分
駐車場:あり(5台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
14:30〜
19:00
- -
定休日:木曜・祝日

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院 公式SNSアカウント ツバキ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】ツバキ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中